79. 頭の中 こぼれそうな 水を

あの日、新しい勤め先のこと私一人でしゃべって、帰って来た。
帰りがけにあなた、階段の降り口で足を止めて

「このちゃん、何かするとき、それをホントにしたいことなのかどうか。
じぶんの心に、聞いてみる、ほうが、いいんじゃないの?」
「うん」

あなたはそのままそこで止まったので、私、しかたなく、
さっさと階段降りて帰ってきました。
頭の中お水でいっぱいで、ちょっと首を傾けると、
ざーっと音を立てて流れそうだった。
    
あのとき、あなた、階段の上で、なにしてたのかしら。
今は、そう思うけれど、あの時は私、
自分の頭の中の「水」を零さないように、
一生懸命からだをまっすぐにして、歩くのがせいいっぱいでした。
でも、やはりあなた、なんにも考えてなかったんでしょうね。

覚えているのはそれだけ。

伊豆の旅行、行ったんだけれど、覚えていない。
「こういう所が、いいところなのかな?」
と思いながら辰井さんについて歩いた。辰井さんは楽しそうだったし。

小さな宿屋さんに泊まって、そこで、わたしにあったことも。
よく覚えていない。
辰井さんはすごく優しかったよ。
    
優しかった、だけ。それだけ。

a0134863_8294850.gif

by chigsas | 2010-03-17 08:31 | 小説