86. 鏡の向こうから 見ているだけ

あなたのこと忘れていたわけではない。
私は二つに千切られて、片方の私は
あなたを抱えたままどんどん縮んで重くなっていました。

もう一方の私は、どうしていたのかしら。
もう片方の重い自分を引きずりながら、規則的にデッサン教室に通ったり、
月に一度職安に行ったり、
ちゃんとオシャレをしたり、服だってバーゲンで買うことおぼえたり、
お料理もしたり、辰井さんにも、ときどきお料理つくってあげたり、
まあ、ちゃんと暮らしてたんです。

時間もあったから。

そうだ、うちに、父さん宛だけれど、
時々はがきだって書いていたし、尤もこれは、あなたの入れ知恵でした。

「元気でやってます。だけでいいから、
おばさんに手紙書いて上げると、安心するよ。
あんなに心配してるんだから。
本当は、電話の方がいいけれど、
声で、ようすがわかるから・・・」

あなたが、あのアドバイスくれたの、いつだったかしら。
わたし、あなたの言うことは、
たいてい聞いたんですよね、いつも。

「様子なんてわかられたくないよ!」
っていいながら。

でも、あなたは鏡の向こうからこちらを見ているだけ、でした。
a0134863_2084552.gif

by chigsas | 2010-05-04 20:10 | 小説