111. 赤い マグカップの 色が

気がつかないようにしていたんだ。

私、入り口で止まってしまった。
私の部屋、いろいろいっぱい出ていてごしゃごしゃ。
あなたが、私を連れて行ってくれたときは、
あの部屋には、なにもなかった。
押し入れの中に段ボールがいくつかだけ、だった。

「いいよ。入って」

「うん」

入り口の小さなコンクリートのスペースに靴を踏み入れながら、
そうだ! 冷蔵庫。
昨夜きれいに整理した冷蔵庫の中が、目に浮かんだ。

「私、ゆうべ、冷蔵庫、掃除したんだよ」
「?」
「冷蔵庫だけは、この部屋に負けないくらいピッカピカ」

あなた顔をこちらに向けて、しばらく黙って、
突然大きな声で笑ったでしょう。あのとき。

それから赤いマグカップをこちらに押してくれました。
コーヒーの香りも一緒にこっちに。
そのマグカップを無意識につかんだ。


a0134863_1343375.gif
顔にも体中にも、カップの色が映りました。

気がついたら、あなた、隣の部屋で仕事をしていました。
by chigsas | 2010-11-28 13:44 | 小説