124. あなたが もう一人 いたんだ

しばらくして思いついたことが、
「おととい、いったとき、全然、そんなそぶりもなかったのに・・・」
でも、言葉にはならなかった。

あなたも、だまったまま。で、あたしの方が、切り替えは早い。
「あたし、おてつだいするよ」

一瞬黙ってから
「いや、コノちゃんに手伝ってもらっても」
「困るんだ! ふン 邪魔になるだけだ、もンね」って言葉のみこんで
「ンじゃー」

帰り支度して立って電話してたんだけれど、
そのまま椅子に腰を落としてしまった。
一人でお湯を沸かして、インスタントコーヒーをマグに溶いて、
また椅子に腰掛けた。

ぼーっと座っていたら、篠原さんが帰ってきた。

「どうしたの?」
「帰るとこでした、びっくりさせて・・・。すみません」
「遅くまで、ご苦労さん。きをつけて」

事務所のドアを閉めて、廊下から階段降りながら、あたし、
「あなたのところに今晩のこと聞いてもらいに行なけりゃ!」
って思っての。
あたしの頭の中には、あなたがもう一人いたんだ、あのとき。
もう一人のあたしが、
「野田さんに話そう!!」
そう思ってたの。そうすれば、いいんだって。
a0134863_12361791.gif

あの晩はすごく長かった。
by chigsas | 2011-03-07 12:38 | 小説