128. 夢で 見たことある ような

小さな喫茶店のドアの横、狭い急な階段、
あなたのお尻にくっつくように上りました。
真ん中が狭い廊下、両サイドに扉がくっついて並んでいました。
夢で見たことあるような、不思議な空間。
a0134863_8421984.gif



























その真ん中あたり、鍵穴に鍵を差し込みながら
「狭くてびっくりだよ。きっと」

びっくりはしなかったけれど、確かに狭かった。
「ハモニカ長屋って聞いたことあるけれど、
ハモニカの一つの穴に入ると、中はこんななのね」
「・・・」

小さな丸テーブルのそばに折りたたみの椅子をだしながら、
あなた、声立てないで笑った。
「みんな古道具屋で揃えたんだよ。鹿浦さんに助けてもらって」

「鹿浦さん、・・親切なんだ」
「事務所持つのも、彼のアイデアだから、仕事もだしてくれるし」

あの晩、どんな話したか、ほとんどおぼえていません。

「おふくろ、反対なんだよ」
「ちゃんとした会社に勤めて、経験積んで・・・」
「いつも心配ばかりする。息子のこと全然信用しないんだ」

私があなたの話の中から拾い上げた言葉は、この三つだけだった。
あの日は、あなただけがほとんど話したのに。
あんなに話すあなた、私は始めてみた、と思ったことも思い出すのに。

私は、体の中に暖かい何かを抱え込んで、
黙っていた。嬉しかったんだ、きっと。だけど、
by chigsas | 2011-04-21 08:47 | 小説