131. 冷蔵庫 あけて いいかしら?

あたしたち、毎日なに話してたのかしら? 
あのころいつも。
毎日飽きずに話していたよね。
しゃべるのは何時もあたしだった、かもしれないけれど。

「木の実さん、あんな子を抱え込んで、大変でしょ。
親の私だって、何を考えているのか、全然分からないんだから」

なんて答えたのかしら。私。
「ううん、ぜんぜん、何思ってるか分かるもん、あたしには」

心の中でいったけれど。
今考えると、全然分かってなかったんだ。

「冷蔵庫あけていいかしら?」
「あ、はい」
お昼は、美味しい中華丼ぶり作ってくださった。
お母さま、ちゃんとエプロンもっていらしてた。
あたしが、どんな女か分ってくださってる。
嬉しかったよ。・・・ほんと。
a0134863_1535885.gif
by chigsas | 2011-05-22 01:54 | 小説