連載小説・・・・・・・・・15

オシロイバナの記憶

父が突然消えた時のこと。
学校に迎えにきた母に連れられて駆けつけた病院の
「暗い部屋のベッドに横たわっていたもの」
としてしか記憶にない。
a0134863_1345373.jpg

母が妹を連れてどこかに出かけていた日、
おなかが痛くて寝ていたわたしに、
父が作ってくれたお粥。
a0134863_13454531.jpg

発電所の上のダムを見回りにいった父が、
「山を下りる途中で折った」と抱えてきた、
腕に溢れるほどのユリ。
by chigsas | 2013-08-30 13:56 | 小説