<   2012年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

こどものとき、母が寝込むと来てくれたOおばさんが、大好きだった。
親戚でもない母親の知り合い。その土地に越して間もなく出来た友人。

モノのない時代だった。夕飯のおかずを持ってきてくれたり、
部屋をきれいに片付けたり、割と無口なのにおばさんが居るだけで
居ここち良いうちになった。
おかずは田舎風の味の濃い煮物や焼き魚。
さっさっとお掃除をしているようには思わないのに、
へやがきれいにさっぱりする、不思議なおばさんでした。

おばさんは、きっと、きれいできちんとしたうちに住んでいるに違いない。
と。思いこんでいました。
あるとき母にいわれて、おばさんの家に頂き物のお裾分けをとどけた。
その頃おばさんは、夫に先立たれて、実家の離れに住んでいた。

母にいわれた通り
「ごめんください」
気どって声を上げると、すぐに引き戸を開けておばさんが姿を現した。

おばさんの足下には、げたが何足も乱暴にころがっていた。
「ま! まー!」
驚いて玄関の外に出てきて、後ろ手で戸をしめた。みると、髪もさんばら。
上がりがまちの向こうには何かいろいろと散らかっていたみたい。
よく覚えていません。

60年以上もたったつい最近、なぜか、Oおばさんの顏を思い出しました。
そうか! わかった!!

おばさんは、自分の家ではないから、お掃除上手だったんだ。
小学校低学年の年子が3人、男ばかり。お掃除の腕発揮なぞ出来っこ無い。

私は仕事をしなくなって24時間何をしてもイイ。
それで、裁縫箱の整理を思う存分楽しめた。

ちょっと違うけれど、似てるかもしれない。
うちのまな板、普通のまな板です。
特別汚れているわけではない。
けれどおろし立てではないから、まっ白でもない木のまな板。

真ん中が丸く、下ろしたばかりみたいな白木の色だったことがあります。
ずいぶん以前のこと。すっかり忘れていました。
ところが今朝、同じように丸く白くなっているのに気づきました。

???
そうか、納豆汁か?!

しばらくして、思いつきます。
昨日は、夕方が涼しかった。それで、暖かい納豆汁を作ったんです。
暑い間は、ほとんど、何を食べて暮らしていたか思い出せないけれど。
暖かなものが欲しかったから。

ごくシンプルなねぎと若布の味噌汁に、細かく叩いた納豆を加えただけ。
けど、暑さで疲れた身体にしみ込むようなおいしさでした。

納豆はまな板の真ん中で、丁寧に細かく包丁で叩きました。
納豆を叩いた所だけまるで新品みたいにきれいです。

なぜかなあ
迷子になるほど面白いーその1
をアップしてからほぼ3週間。

暑かったせいもあるけれど、毎日、「非天然色東京画」の世界を
さまよい歩いていました。飽きることもなく。

この感じ何かに似ている。と思いながら。・・・そうだ! 
昨日気がつきました。本を読んでいるのと同じなんだ。

私にとって本は、『新しい発見』の連続です。
体力がないので、旅行ができない。

代わりに、本の世界に潜り込んで楽しむ。
子どもの時からそうだったような。

そういえば、絵を描くことも、文章を書くこともおなじ。
「書き始める」、「描き始める」。「新しい世界」の扉が開く。

いろんな楽しみ方があります。
分かり方もいろいろです。人それぞれらしい。

「息もつかずに読んでしまった。あぁ、おもしろかった。」
「途中で本を閉じ、言葉を体に染み込ませて、前の方を読みなおす」

「あの講習会は二度目、知っている言葉が出てきたから分かったよ。」
「何のことか分からなかった。あっと気がついたら、そうなんだ!」

「非天然色東京画」どこを彷徨っても、そこに新しい世界が広がる
不思議な空間なんです。とてもシュールなんです。

いつものように暑い日、でした。
小さな公園で太極拳をしていました。

ちょっと長めの立禅。
どのくらいたったかしら?
何となく目をあけて、遠くの通りをみました。

公園の縁は細い道路、向こうが畑、畑の向こうが片側2車線の市道です。
市道には両サイドに舗道がついています。
見た瞬間、市道の向こう側の舗道から、おばあさんが車道に降りました。
日傘をさして重そうな荷物を反対の手にさげています。

おばあさんは、ゆっくりと車道を横断しています。あたりまえのように。
その間右からも左からも車は来ません。あたりまえみたい。

と、思っているうちに、おばあさんは舗道を横切って畑にに入りました。
車道には車が行き来しています。あたりまえのように。
私立禅の続きをしています。あたりまえの感じです。

畑にはカボチャが植えてあります。
じつは、このところの日照り続きで、葉は黄色く枯れているので、
かぼちゃ畑とは思えません、毎週ここで太極拳をしているので、
あそこはカボチャ畑だ、と知っているだけです。

ボーッとしている間におばあさんは畑の中を左に曲がったようです。
横から見ると、本物のおばあさんです。
腰から上が45度くらい曲がっている。
左手に提げている買い物袋は地面につきそうです。

その辺りで、立禅から意識が醒めはじめてみたい。
歩いている突き当たりは土塀? 
どうするつもりかしら? 塀にそった道があるのかしら?

こちらの頭が冴えてしまいます。立禅などどうでもいいや!

塀に突き当たると、傘を畳んで塀の内側にいれ、
大きな荷物は塀の上に「よいしょっ!」 
声など聞こえる距離ではありませんが、
たしかに「よいしょっ!」といいましたね。

それからおもむろに塀をよじ上り、塀の中にきえました。

「わー! すごーい! やったね!」
大きな声を上げて笑ったのは、たぶん2秒ほど後。
それにしてもあのおばあさんだれ?
あの塀を巡らせた大きな農家の人かな?