突然はじけた?・・・9

a0134863_18592745.jpga0134863_18585184.jpg
祖父が亡くなると
すぐに、祖父の弟が 
美しい嫁を取った。

だれがいつ、そんなことを
少女に話したんでしょう?
それもわからない。

もしかしたら、
お祖母さま自身の口から、
寝物語に聞かされたのかも
しれないでしょう?

そうかしら。

乾いた、香水とは違う香り、

冷たかった、いつも。
お祖母さまに、傍に
引き寄せられるといつも、

乾いていて、寒かった。

ぱさっと洗い曝された
木綿の寝間着。

母親の湿った暖かさ。

いつだったか夜中にそっと
逃げていったとき、
母親の寝間着には、汗の匂いも
少ししみ込んでいました。

思い出すだけで、
うっとり、心が融けます。