6.ロル V ステーンの歓喜

あなたが兄さんの所に遊びに来るようになったころ、
玄関の前に水を撒くようにって母さんに言われて、バケツ下げた私とあなた、
鉢あわせしたのも、覚えてませんよね。

その時のあなたの下駄を履いた足。
兄さんの所に来る男の子たちの中で、あなたが特別の人になった瞬間だった。
とか、今頃、思い出してしまいました。
下駄の鼻緒を挟んでいた、あなたの足の指、いま思い出しても体の芯がきゅっ
と鳴る、あの感覚が何を意味しているか、
その時の私には、わかっていませんでした。

私の本棚に「ロル・V・ステーンの歓喜」っていう本、表紙が茶色くなってあ
ること、知ってたかしら?
その周りに、並んでいるデュラスの本については、結婚した頃、
「君、変わった作家好きなんだね」って言っただけ。
その時私、慌てて話題を変えたのでした。

もっとも、結婚したと言っても、あなたの事務所のそばにマンション借りて、
そこへ二人の荷物運び込んで引っ越して、名字変えただけ、だったけれど。

ずっとあとになって、「ラマン」が映画で日本でも評判になったとき,
「君の本棚に並んでいる作家だね」って。
多分、あなたにとって「訳の分からない私」はこの部分だけ、
と、そのとき思いました。
ほんとはこれが、あなたに対する私の、いちばん大事なことなのです。

今気づいたことなんですが、あなた、
東町の家で、私の部屋に来たことなかった。
いいえ、結婚するまで、わたしの部屋に来た回数、片手で数えられるくらい。
そうでした。いつも私が、あなたの所に押しかけていって、
言いたいこと気が済むまでしゃべって・・・・ってパターン、でした。
a0134863_2225858.gif

by chigsas | 2009-07-16 22:05