37. 私でない 自分

髪を切って心の中に抱えていた重荷から少しの間解放され、私ではない自分に
なっていたから、境デザイン事務所で採用して貰えたのでした。
じっさいに勤めはじめてみるときれいに仕上げられていたラッカー塗装が
はがれるように私の地が顔を出し、先生もノブちゃんも
最初はがっかりし、それからだんだん困っていったようです。

二日目は、私がどんな「私」なのか思い知らされた一日でした。

お昼のために、繁華街を抜ける途中でツナサンド買いました。
私としてはとびきり丁寧にお掃除して先生の部屋の机とテーブルをふき、
お湯を沸かし、ポットに入れ終わった頃、
「おはようございます」とノブちゃんが出勤してきました。

「締め切りで、昨日は遅かったんだ。
多田さんがいてくれるからゆっくり出来たよ」
そう言われると、ちょっといい気分、でもいい気分だったのはここまで。

奥の部屋に行ったノブちゃん、まず、部屋のサッシュをあけました。
私も来たときに、部屋がいやな匂いときづいていました。
それからキッチンの流しの下からタオル持って戻っていき、
「先生の灰皿洗って、それから、流しのゴミと屑籠のごみは、
管理人室の隣のゴミ置き場の、ポリバケツに捨ててきて」

ノブちゃんは乾いたタオルで、先生の机丁寧にふいていました。
上に載せたガラス板濡れていたのです。私の雑巾の搾り方が緩すぎた・・・。

くず入れには、まるめた紙がぎゅうぎゅうに山盛りでした。
a0134863_15385068.gif

by chigsas | 2009-09-20 15:42