67. あのころの 記憶

しばらくして、コーヒーのいい香りがながれてきました。
お店の中の空気が、すーっと軽くなって行くようでした。
「おおたさん、新聞をとじてくれない?」

ママがホッチキスと一緒に新聞を出して、カウンターにおいた。
わたしは、布巾もってぼーっと立っていたのかもしれない。
椅子に座るわけにもいかないし、どこにいたらいいのかもわからなかった。

「新聞の広告を外して、バラバラにならないように、ホッチキスでとめて、
二つに折ってあそこに立てて、昨日の新聞はこっちへ。
テーブル、使うといいわ」
見ると、マガジンラックに新聞が立ててありました。
キイさんが、一つ掴んでカウンターに戻って広げました。

その日は5時頃まで、店にいました。
「おつかれさま。また明日もお願いね」
「はい」と返事するのがやっと、ホントに疲れ果てていました。

疲れていたけれど、田中さんに会いにデッサン教室にいきました。
それなのに、まだ田中さんも高田君もきていません。
デッサンの道具も持っていないし、芦田先生もベレー帽の人も見えないし、
そのまま帰りました。

その日のこと、後はなにも覚えていません。
いいえ、その日だけでなく、あの頃の記憶ほとんどありません。

ほとんど毎日、午後は喫茶店でアルバイト、
夕方からデッサン教室に真面目に通っていたんだ、きっと。

a0134863_654866.gif

by chigsas | 2010-01-07 06:56